店舗用の収納家具製作 その1

安曇野はだいぶ涼しくなってきました。

厳しい冬はすぐそこまで来た!!!、、、って感じですね。

さて、今日からまた新たな家具製作です。

久しぶりに製作過程のブログが書ける家具ですので、嬉しいですね。

今回は、伝統工法のホゾ組工法ではなく、ビス(コーススレッド)を使用して組みます。

しかも、今回は取り付け家具を製作するのですが、「アトリエ エフ」で請け負うのは家具製作と建築現場までの運搬まで。

施工はやらなくてよし、更に塗料も現場で塗料屋さんが内装すべてを担当するので、「アトリエ エフ」では単純に家具を製作するのみ。

とても嬉しいです (^0^)/

本日、建材屋さんから材料が届きました。

4200㎜ × 500㎜ × 30㎜ のメルクシパイン集成材が3枚です。

同じく、1820㎜ × 910㎜ × 12㎜ のランバー合板2枚も届きました。

ランバー合板は背板用に使用します。

まずは、丸のこで大まかにカットします。

丸のこで、おおよその寸法で必要な部分を切り抜きます。

今度は、プロ用の大型機械(横ノコ)で図面通りの寸法に正式にカットします。

材料の面(角)を、トリマーを使用して1㎜だけ落とします。

一部ですが組み立て開始!!

これは、台座になる部分を組み立てています。

今回は可動棚がありますので、棚受け用のダボ穴を掘りました。

この作業は、精度良く正確に穴を掘らないと、棚を置いた時にがカタカタとなるので慎重を要します。

組み立てる際に、ビスを打ち込むための穴を掘ります。

最終的に、ビスを打ち込んだ後にこの穴は9㎜の丸棒で埋めます。

まだ全体像がわからないと思いますが、それは後日のお楽しみと言うことで、、、

とりあえず、今日の作業はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です