巨人-中日戦(長野オリンピックスタジアム)観戦

家具に全く関係ない話ですみません。

昨日、我が長野県にある長野オリンピックスタジアムにて「巨人-中日」戦があり、観戦してきました。

我が家は家族全員、大のジャイアンツファン!!

ジャイアンツ戦が長野オリンピックスタジアムで行われるのは今年で5回目。
過去4回は全て横浜ベイスターズ戦で、しかも主催は横浜ベイスターズ。

これは、SBC信越放送という長野県のローカルテレビ局が運営していたのですが、SBCはTBS傘下のテレビ局。

当然、横浜ベイスターズの親会社であるTBS系列のSBCが運営するわけですので、横浜ベイスターズが主催となる訳です。

しかし、今年は運営が変わったのか、ジャイアンツが主催となり、今までは3塁側で観戦していたのが、今年は初めて1塁側で観戦。

さて、わくわくしながら家族4人で車に乗って長野オリンピックスタジアムへ、、、
と言いたいところですが、長野オリンピックスタジアムへは車での乗り込みは禁止!

そこで、指定されたいくつかの臨時駐車場に車を止めて、シャトルバスに乗ってスタジアムまで行かなければなりません。

シャトルバスに乗る人達がずらり!
どれくらい待つんだろう???

あと少し!!

やっとシャトルバスに乗れました!

約20分かかってやっとスタジアムに到着!
うちの息子(小学6年)はすでに応援モード!

1年ぶりのジャイアンツ戦の観戦で私も応援モードへ!

試合開始前ですが、もうスタジアムは満員で、私もわくわく状態!

ジャイアンツのマスコット、ジャビットが長野に来るのは初めてだと思います。
昨年までは、横浜ベイスターズのホッシーとか言うのしかこなかったから。

いよいよ、先発陣の発表のアナウンスが場内に流れ、拍手しながら応援!

が、、、

しかし、、、

先発投手が発表されたと同時に嫌な予感が・・・・

この日の先発は、ドラゴンズはチェン、ジャイアンツはゴンザレス。

どう考えてもチェンからはそうそう点は取れないはず!
逆に、ゴンザレスは昨年のような切れのある球を投げられず、今年は打ち込まれるシーンが多い投手。

この時点で、敵ながら私はドラゴンズの圧勝を予想しました。

いよいよ試合開始、ジャイアンツの坂本選手がバッターボックスに。

で、、、、、、

試合展開は、、、、、、、

私の予想通り、ゴンザレス投手はドラゴンズ打線の餌食に・・・・

結果は、10-3 でドラゴンズの圧勝。

一般的な観戦論はここまでとして、、、、、

以前にも書きましたが、私と相棒の福田は超スポーツオタク!

そのスポーツオタクから見たこの日の観戦で2点ほど興味を引かれたことがあります。

1点目は、ジャイアンツの中継ぎとして活躍している星野投手。

ゴンザレス投手が打ち込まれ、その後を引き継いだ星野投手は、北信越のプロ野球独立リーグ・BCリーグの信濃グランセローズから育成ドラフト1位でジャイアンツに入団した投手!

その星野投手がアナウンスでコールされた時は、ジャイアンツ、ドラゴンズの両応援団から大拍手!

地元長野のチームで活躍していた星野投手は、出身地は埼玉県ですが、やっぱり1軍で活躍する姿を生で見ると嬉しいですね。

結果的には、ドラゴンズ打線につかまったけど、なんとこの日の最速は150キロを計測!

将来性豊かな投手と感じました。

2点目は、やはりジャイアンツの中継ぎとして出てきた中里投手。

中里投手は昨年までドラゴンズに在籍していた選手で、今年からジャイアンツへ移籍。

中里投手と言えば、なんといっても150キロの速球が魅力の投手。

この中里投手は、実は私は彼が高校時代の頃から知っていました。
彼は埼玉県の春日部共栄高校のエースで、当然ながらプロ注目の投手。

春日部共栄と言えば、1993年に土肥義弘投手(元横浜ベイスターズ)が活躍し、彼が2年生の時に夏の甲子園で準優勝した強豪校(優勝は兵庫の育英高校)。

その春日部共栄高校が、甲子園で準優勝した時よりもチーム力として高い評価を受けていた時が、2000年の中里投手がエースだった時。

私は今でも、この時が春日部共栄高校で史上最高チームだと思っています。

が、埼玉県大会決勝で坂元弥太郎(現横浜ベイスターズ)率いる浦和学院と激突!

延長10回にサヨナラ負けはしたものの名勝負でした。

その浦和学院の坂元投手は、甲子園1回戦で滋賀県代表の八幡商業高校戦で19奪三振の日本記録を作り、未だに破られていません。

2回戦で福岡県代表の柳川高校に16奪三振を奪うも、敗退!

この年の浦和学院は打線が弱く、もし春日部共栄高校が出てきたらと思うと、、、、

で、中里投手はドラゴンズにドラフト1位で入団。
1年目の後半から150キロの速球で1軍で活躍。

しかし、2年目で右肩を重症。

一時はバッター転向かという話もあったくらい投手生命を危ぶまれましたが、見事復活。

復活後も150キロの速球を投げていたのですが、その後はなかなか1軍での登板機会がなく、ついに今年、ドラゴンズから戦力外通告に。

そこへジャイアンツがその中里を獲得しました。

その時は、私は非常に良い選手を取ったな、と思っていたのです。

で、先日、1軍に昇格。

この日が2試合目の登板で、どのような投球を見せてくれるのだろうかと、思ったのですが、、、

速球は最速で142キロ。おまけに戦力外通告を受けた古巣ドラゴンズ打線につかまり、2失点。

正直なところ、中里投手は現状では1軍で活躍をするのは難しいかも。

以前のような150キロの速球を取り戻すことを願うだけです。

長々と書いてしまいすみませんでした。
今日はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です