チェア製作(型番CHR0006) 3日目

安曇野は毎日35℃以上の気温!

どんな作業するにも汗だくで、バテそうです!

さて、昨日の続き。

鉄細工職人「craf」の今村さんにお願いして、今村さんのお知り合いのステンドグラス製作職人様にステンドグラスを作ってもらいました。

今日はこのステンドグラスを使います。

昨日に製作した各パーツにステンドグラス用の溝をトリマーで掘り、ステンドグラスを挟んでいよいよ本組み開始!

ホゾ穴にボンドを入れ、組み立てます。

クランプでしっかり固定!

このようなパーツをもう一つ(こちらは2mと長い)作ります。

各パーツが固まるまで数時間かかるので、その間にカンナの刃を研ぎます。

研ぎ終わったら、カンナの刃に油を塗り、防錆します。

各パーツが固まったところで、今度はそのパーツすべてにカンナで削ります。

う~~ん、、、切れ味抜群!!

カンナが終了したら、木材の面(角)をトリマーで1㎜ほど削り、その後、#320番のサンドペーパー(紙やすり)で各パーツを磨きます。

そして、いよいよ塗装!

今回は、ワトコオイル(クリアー色)を使用します。

ステンドグラス部分に塗料がかからないように、マスキングテープ(青色)を貼り、スポンジで塗料が木材に染み込むように塗っていきます。

塗った後は、ウエス(ボロ布)で拭き取ります。

この、塗って、拭いて、を、3回行います(3度塗り)。

さて、今日のメインイベント!

固めた各パーツでいよいよ最後の本組み!!!

クランプでしっかり固定!

って、、、昨日の仮組みの写真と変わらない?

いえいえ、今日の写真にはステンドグラスが付いています、、、、と、言っても、マスキングテープで見えませんが、、、

よしよし!

しっかり直角も出ている!

さて、我が「アトリエ エフ」の工房での作業はここまで!

ここから先は、「craf」の今村さんが制作した脚部分とジョイントするのですが、おそらく「北建連」様のショールームでジョイント作業を行うことになると思われます。

脚部分をジョイントして、完成したチェアを思うと、自分でもとても楽しみです。

と、、、言う訳で、、、今日はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です